通常は嫌なにおいではありません


彼氏が女性器のにおいを気にしていないか気になりますよね。他の人に聞きにくいことだし、彼に聞いてもきっと気を使って本当のことを言ってくれない。

あなたの女性器のにおいはどんなにおいですか?

通常の女性器のにおいは、甘酸っぱいようなにおいで、嫌なにおいではありません。

もし、不快に感じるにおいなのであれば、何等かの病気か、もしくは、雑菌などが繁殖していると考えて間違いありません

魚が腐ったような臭いだったり、強烈な悪臭がするというのでなければ、普段の洗い方が間違っているのかもしれません。この機会に女性器の洗い方を見直しましょう。


あなたは普段、女性器をどのように洗っていますか?

においが気になるからと、ゴシゴシ中にまで指を入れて洗ったりはしていませんか?

まず、女性器の内側、つまり、膣は洗う必要はありません。むしろ、洗ってはいけません。

膣の中にはデーデルライン桿菌という善玉菌がいて、膣の中に雑菌などが入り込まないように守っているのですが、洗ったりすると、それらの善玉菌を洗い流してしまうことになります。

そうすると、膣内が無防備な状態になってしまいますので、雑菌や細菌が我が物顔にのさばり始めてしまうのです

女性器の周辺は、月経血、オリモノや汗など、雑菌の餌になるようなものがたくさん存在します。

しかも、常に衣服に守られているので、高温多湿となり、雑菌にとって非常に住み心地の良い環境になっています。

そうなってしまわない為にも、膣の中は洗わないようにしましょう。


次に、女性器のにおいの原因となるものを取り除きましょう。

雑菌は、女性器周辺にある月経血やオリモノ、垢などをエサとします。それらのエサをきれいに洗い流すことによって雑菌を繁殖させず、においも抑えることができます。

女性器の周辺とはいえ、やはり、洗浄力の強い石鹸で洗うのはお勧めできません。

デーデルライン桿菌を殺してしまわない弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸の使用をおすすめします。

このサイトでは、ジャムウ配合のジャムウ・ハーバルソープを紹介していますので、詳しくは、ジャムウハーバルソープとはというページをご覧ください。

⇒ジャムウハーバルソープとは