産後の陰部の臭いの原因は2タイプ


産後の陰部の臭いの原因には2つの理由が考えられます。

1つ目は、悪露による臭いです。
悪露は、産後に子宮から排出される分泌物で、子宮粘膜の分泌物や、血液、子宮の内膜の一部などから構成されています。
臭いの元は血液や白血球が主なので、鉄のような臭いがします。
出産直後の悪露の色は、赤く、日数を経るごとに褐色、黄色、白色、透明へと変化していき、約1ヶ月程度で消失します。

2つ目は、細菌性膣炎による臭いです。
妊娠、出産という大きなイベントによって、女性の体は急激に変化します。外見だけの変化ではなく、内側にも大きな変化が起こります。
出産によってホルモンのバランスが変化するのがその一つです。
膣の内側は、デーデルライン桿菌という乳酸菌の一種によって外部の雑菌や細菌から守られています。
ところが、ホルモンの量が変化することにより、このデーデルライン桿菌の量が減ってしまい、充分に自浄作用が機能しないことがあります。
また、出産後、膣口が十分に閉じておらず、お風呂の際に水が大量に入り込んだりすることによってデーデルライン桿菌が洗い流されてしまったり、雑菌が入り込みやすい環境になってしまっているのも原因の一つと考えられます。
雑菌や細菌類が膣内で繁殖すると、炎症が起こったり、雑菌の繁殖活動による排泄物で膣から魚の腐ったような臭いが発生します。

単に悪露による臭いであれば、自然になくなりますが、細菌や雑菌による臭いの場合、ケアが必要です。


陰部が臭い場合のケアというと、しっかりと清潔にすることだと勘違いする方が多いのですが、それでは逆効果です。

一番良いのは、ジャムウによって膣の自浄作用を引き出すことです。

LCのジャムウ・デリケートパックを使えば、気になる膣の臭いやオリモノをしっかりとケアすることができます。
お風呂でシャワーを浴びる際に1~3分間のパックをするだけなので、簡単です。
ハーブなどの天然成分が主成分なので、安心して使用できます。

詳しくは、LCジャムウ・デリケートパックの公式サイトをご確認ください。