妊娠・出産を通して膣の環境がかわります


妊娠、そして、出産。一人の子供を育み、この世に生まれさせるために、女性の体の中では大きな変化が起きています。

それは、見た目だけではありません。

例えば、妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変化します。プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。

プロゲステロンは、子宮内の妊娠の準備をすすめ、妊娠した場合には、出産までの間の妊娠状態を維持するためのあらゆる働きをするホルモンです。

通常、膣の中は弱酸性に保たれており、精子が入り込むと死んでしまうのですが、プロゲステロンは膣の中の酸性度を低くする為、精子を卵子へと導く働きをします。

酸性度が低くなった膣内は、精子だけではなく、他の雑菌も侵入・繁殖しやすい環境になってしまいます。


妊娠中は、膣内で細菌類が増殖しやすく、炎症を起こす確率が高いのです。これを細菌性膣炎と言います。

膣内で増殖した細菌類は、おりものなどに含まれるたんぱく質や脂質を栄養にどんどんとその勢力を強めていきます。その生命活動の結果、嫌な臭いが発生するのです。

さらに、産後は膣口が大きく開いている為、お風呂のお湯をはじめ、様々なものが入りやすい状態になっているので、余計に雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

この細菌性膣炎が、産後に膣が臭い原因の一つです。

これらの細菌を減らす為には、ヨーグルトをスプーン一杯分だけ外陰唇に塗りましょう。ヨーグルトの乳酸菌が、一時的に膣内の常在菌と同じ働きをして、雑菌の力を弱めてくれます。


さらに、ジャムウ配合の石鹸で膣周辺を洗うようにしたり、ジャムウ・デリケートパックを使って膣内環境を整えることによって、徐々に膣内常在菌の力が増し、だんだんと嫌な臭いがしなくなっていきます。

ジャムウ配合の石鹸については、当サイトの「ジャムウハーバルソープとは」というページをご覧ください。

⇒ジャムウハーバルソープとは