ヨーグルトを使って細菌性膣炎を治そう


おりものが臭うようになった。
しばらくはセックスしてないから性病じゃないはず。
性病じゃないのに臭くなることってあるの?

それは、おそらく細菌性膣炎です。

細菌性膣炎を治すには、病院で薬を処方してもらうのが一番ですが、なかなか恥ずかしくて行けないですよね?
そういう場合は、市販のプレーンヨーグルトをスプーン一杯分くらい外陰唇に塗ってみましょう。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、雑菌類から膣を守り、細菌性膣炎が治る場合があります。

なぜ、ヨーグルトで細菌性膣炎が治るかを少しだけ説明しますね。

細菌性膣炎とは、クラミジアやカンジダなどの病原菌ではない、大腸菌をはじめとする「一般細菌」と呼ばれる菌が膣内で異常に繁殖して膣内の炎症を起こした状態を言います。


この一般細菌が急激に増える原因は様々ですが、風邪をひいたときや、ストレスが溜まった時など、免疫力が落ちた時に起きる場合があります。
また、洗浄力の強い石鹸やボディーソープで膣周辺を洗ったりすることによって、膣内を守っている善玉菌を洗い流してしまい、その結果、雑菌などが繁殖してしまうケースもあります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、一時的に、膣内の善玉菌の代わりに働いてくれるため、細菌性膣炎を治すことができるのです。

細菌性膣炎にならない為に


再び細菌性膣炎にならない為に2つのことを提案したいと思います。

  1. 入浴の時に使う石鹸をかえる
  2. 膣内の雑菌が増える原因の一つに、善玉菌の減少があることは先ほど説明した通りです。
    一般的に市販されている石鹸やボディーソープは、デリケートゾーンに使うには洗浄力が強すぎます。
    デリケートゾーンには、弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸を使うようにしましょう。
    善玉菌は洗い流さず、汚れや雑菌類だけを洗い流してくれるので、細菌性膣炎になる可能性が低くなります。

    ⇒この石鹸がおススメです

  3. 生理用ナプキンやおりものシートを布製にかえる
  4. 一般的に使われている使い捨ての生理用ナプキンやおりものシートは通気性が悪く蒸れやすいという特徴があります。
    デリケートゾーンは常に布に囲まれ、しかも、おりものなどの水分が多いため、ただでさえ蒸れやすい場所です。
    高温多湿は雑菌が好む環境で、しかも、おりものや月経血には雑菌のエサとなる成分がたくさん含まれています。
    使い捨ての蒸れやすいナプキンやおりものシートによって増えた雑菌は、そこから膣の中へと侵入していきます。
    いくら善玉菌が守っていても、敵が多ければ、やはり不利ですよね。
    雑菌類を増やさない為にも、布製のナプキンを使ってみませんか?
    最近はかなり使いやすくなってきていますので、洗う手間などもそれほどではありませんし、漏れにくくなっています。
    ⇒詳しくはこちらの解説を読んでください

あまり症状もなく、見過ごしてしまいがちな細菌性膣炎ですが、放っておくと不妊になってしまったりするケースもあります。

最近、「妊活」と言った言葉もよく耳にしますが、現在のようなナプキンが一般的になったから不妊が増えたのではないかとも言われています。

あなたの健康のために、そして、将来のために、細菌性膣炎にならない努力をしましょうね。