そもそも細菌性膣炎とは何?


細菌性膣炎とは特定の病原菌ではない一般細菌と呼ばれる細菌が膣の中で繁殖し、その結果、膣内に炎症を引き起こす病気を言います。

細菌性膣炎になると、オリモノが魚の腐ったような生臭いにおいになり、も普段のような半透明から白色ではなく灰色に近い色にかわります。また、尿道付近に違和感やかゆみを覚えることもあります。

細菌性膣炎は、疲れがたまっている時や、ストレスがたまっている時など、免疫力が低下しているときに罹りやすいと言われています。
また、膣内を洗浄力の高い石鹸などを使って洗ったりして、膣内の善玉菌が洗い流されてしまった場合にも引き起こされます

通常、膣内は洗浄が必要ありませんが、どうしても気になる場合は、シャワーを浴びる際に、ジャムウ・デリケートパックなどでパックするとスッキリします。

また、膣周辺のいわゆるデリケートゾーンを洗う際も、ボディーソープや普通の石鹸ではなく、デリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うようにしましょう。

LCラブコスメティックのジャムウハーバルソープとジャムウ・デリケートパックはセットで購入するとお得な価格になりますので、おススメです。

⇒ジャムウソープの詳細はこちら


この細菌性膣炎は、誰でもかかる可能性があるありふれた病気ですが、妊婦がこれを患うと厄介です。

妊婦が細菌性膣炎になると、細菌類が膣から子宮の方へ移動し、赤ちゃんを守っている膜に炎症を起こすことがあります。これを絨毛膜羊膜炎と言います。

これを患うと、微熱が出たり、お腹が張ってきたり、さらには、破水を起こして早産になってしまう危険性もあります。

普段はあまり気にならない病気で、自然治癒する場合もある細菌性膣炎ですが、妊婦になって患っていると大変な病気ですので、妊娠が分かったらすぐにでも検査しておいた方が安心です。

また、その他の性病なども、出産の際に母子感染するものもありますので、妊娠を希望している時から検査しておくことをおすすめします。

最近では、結婚前にカップルでそろって性病検査をするのがエチケットになりつつあるようです。

わざわざ病院に行かなくても、匿名で自宅にいながら検査できるキットも充実していますので、そちらを使うのがおススメです。

検査キットの詳しい説明は、以下のリンク先を読んでください。