オリモノは体調のバロメーターです


オリモノは子宮頸管や膣から出てくる分泌物ですが、生理周期や体調の変化などによって量、においなどがかわります。

例えば、生理前はにおいが通常より強くなることが多いようですし、量も増えたりします。

オリモノのにおいや量は、生理周期によって変化はしますが、通常の範囲内から出ることはありません。
通常、おりものは半透明から白色をしており、乾くと黄色くなります。においはほとんどないか、もしくは甘酸っぱいにおいで不快なにおいではありません。量は人によって違いますが、一日下着をかえずに不快でなければ正常な範囲内と言えます。

以上のような範囲と著しく違っていると感じた場合は、何らかの病気、もしくは、異常を疑うようにしてください。

例えば、体が強いストレスを感じることによっても、オリモノのにおいがかわることがあります。
これは、ストレスによって体の免疫力が低下し、膣に雑菌などが入り込み、繁殖することによって起こります。

このように免疫力が低下している場合、性病にも感染しやすくなっています。

オリモノのにおいが魚が腐ったようなにおいになったり、色が通常の色と違っている場合は、ほぼ間違いなく病気になっていますので、性病の検査を受診するようにしましょう。


最近は、大変便利になり、病院に行かなくても、かなり精度の高い検査を自宅ですることができるようになっています。
例えば、「自宅でカンタン・匿名検査の性病検査キット セルシーフィット」なら、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダ、梅毒、HIV、B型肝炎、C型肝炎、HPV、子宮頸がん、クラミジア(のど)、淋病(のど)のと言った病気の検査を自宅にいながら、誰にも会うことなく、誰にも知られることなく受けることができます。

⇒性病検査キットの詳しい情報を見る