オリモノのにおいと食べ物の関係

オリモノのにおいがきついといろいろと不安になりますよね。

彼から嫌われたりしないか、周囲の人に気づかれていないか。

オリモノのにおいの原因は何なのでしょうか?もしかして、食べ物との関係はあるのでしょうか?

答えは「ノー」です。


オリモノのにおいと食べ物には直接の関係性はありません。

オリモノのにおいの原因は、膣内環境と関係があります

膣の中は乳酸菌の一種が常在していて、これによっていつも弱酸性に保たれています。健康的なオリモノのにおいは、ほとんどにおいが無いか、もしくは、甘酸っぱいにおいがします。嫌なにおいではありません。

もし、オリモノのにおいが嫌なにおいがした場合、それは、何らかの異常が起きている証拠です。

それでは、そのにおいの原因は何でしょうか?主に以下の2つに分類できます。
1.性病等、何らかの病気
2.雑菌等の異常繁殖

1.の原因によるオリモノのにおいは、ちゃんと性病検査をして、治療をしなければにおいが無くなることはありません。

病気の種類は、性交渉によってうつる性病の場合もありますが、ポリープやがんなどの病気の場合もあります。「性交渉をしていないから安心」というわけではないのです。


20~30代の女性が多くかかる子宮頸がんもその一つです。

子宮頸がんは比較的膣の手前の方にできるがんなので、定期的に検査していれば初期の段階で発見されやすく、初期の間に治療しておけば予後も良いがんの一種です。

でも、かかるかどうか分からない病気の為に定期的に検査するなんてなかなかできることではありませんよね?

では、自宅でカンタンに誰にも知られずに、誰にも見られずに検査できるとしたらどうですか?

それだったらやってみても良いですよね?

現代は、子宮頸がんや性病の検査の技術も進歩して、わざわざ病院に行かなくても自宅で匿名で検査できるようになっています。

例えば、さくら検査研究所の検査キットなら、最大12種類の子宮頸がんを含む病気の検査が自宅でできてしまいます。

オリモノのにおいが気になるなら、まずは、病気じゃないかをこのキットを使って確認しましょう。

⇒さくら検査研究所の説明を読む

これで検査をして、もし陽性反応が出ないようであれば、次に2.雑菌の異常繁殖を疑いましょう。

2.の雑菌等の異常繁殖は誰にでも起きる可能性があるものです。

例えば、ストレスなどで免疫力が低下している時などにも起こりますし、更年期の女性であればホルモンバランスの変化によって膣内に細菌類が異常繁殖してオリモノのにおいが悪くなることがあります。健康状態に大きく関わりがあるので、考え方によっては、不健康な食生活を続けていると、それが、オリモノのにおいの間接的な原因となるかもしれません。


もう一つ、雑菌等が異常繁殖する原因があります。それは、デリケートゾーンの洗い方です。

膣の中の常在菌は、通常の石鹸やボディーソープでデリケートゾーンを洗うと、死滅したり洗い流されてしまったりします。

せっかく膣の中を守ってくれている常在菌を洗い流してしまったら、後は雑菌の天国です。大いに繁殖し、においを発生させます。

デリケートゾーンはデリケートゾーン専用の石鹸を使って洗うようにしましょう。

植物が主体の体に良い影響を与えるデリケートゾーン専用石鹸の使用がおすすめです。

⇒デリケートゾーン石鹸の詳細

オリモノのにおいの原因は様々ですが、地道に探せばきっと見つかります。是非、悩みを解決して、ストレスフリーな生活を目指してくださいね。