雑菌が繁殖しやすくなります


妊娠するとおりものの量や匂いに変化があります。

いつもは織物をデリケートゾーンの健康のバロメーターとしているだけに、変化があると不安になりますよね。

通常、妊娠するとおりものの量が増えます。これ自体は異常なことではありませんので安心してください。

さらに、妊娠中のおりものは、色が乳白色になります。これは、妊娠によって女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌が続くためです。

この黄体ホルモンは、胎盤を作り、羊水を増やすなど、赤ちゃんが育つために不可欠なホルモンなのですが、膣内の酸性を弱める働きもあります。

これによって、雑菌が侵入したり繁殖したりしやすい環境となるので、常に清潔にするように気遣う必要があります。


通常、清潔にすると言うと、洗浄力の高い石鹸でしっかり洗うことと勘違いされやすいのですが、そうではありません。洗浄力の高い石鹸やボディーソープを使うと、膣内の酸性度を保って雑菌の侵入や繁殖を抑える善玉菌まで流してしまうことになります。

デリケートゾーン専用石鹸を使って、正しく洗うようにしましょう。

⇒詳しくはこちらをお読みください

布ナプキンでオリモノの匂い対策

通常のナプキンや織物シートは、ビニールを使用している為、通気性が悪く、蒸れやすくなります。妊婦は織物の量が増えるのでさらに蒸れやすくなります。

蒸れると、織物に雑菌が繁殖し、嫌な匂いを発するようになります。

この蒸れを抑えるのに有効なのが、布ナプキンの使用です。

布ナプキンは、通気性も良いので、蒸れにくく、雑菌の繁殖もしにくくなります。また、汚れに気が付きやすいので、こまめにナプキンを交換することにつながるので、雑菌が繁殖したまま放置することもありません。

通常のナプキンだと蒸れやすく、雑菌が大量に繁殖しているにもかからわらず交換しないままで過ごしてしまうことが多く、その雑菌が膣の中に入り込んで行ったりして、さらに織物の量が増えたり、病気になってしまったりと悪循環に陥ってしまいかねません。

最近の布ナプキンは交換なども通常のナプキンと変わりませんので、戸惑うことなく使い始めることができます。

スターターキットなどもありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

⇒布ナプキンの詳しい説明はコチラ