性病検査を自宅で簡単にする方法


女性の陰部からスルメや魚の腐ったような生臭い匂いがする場合、カンジダ症、もしくは、トリコモナス膣炎の疑いがあります。

ただ、生臭いとか、スルメ臭いと言っても、感覚は人それぞれなので、本当に性病かどうかなんてわかりません。

病院で検査してもらうのが一番です。

でも、性病にかかっているかもしれないということが他の人や彼に知られたりしたら・・・

浮気しているのか、なんて、あらぬ疑いをかけられたり・・・・

何とか、人に知られずに性病検査をすることはできないものでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、自宅で誰にも知られずにサンプルをとって、郵送するだけでチェックしてくれるサービスです。

手順は簡単です。
検査キットを取り寄せ、匿名の検査申込書を作成し、自宅でサンプルをとって、郵送すれば、その結果はそのキットの番号などを使って、インターネット上で確かめることができます。完全に匿名でできるので、他人にバレることはありません。

詳しい情報は、以下の公式サイトでご確認ください。

⇒検査の詳しい情報を見る

スルメ臭い病気の解説

いくらスルメ臭いとは言え、あくまでも本人の主観に他なりません。ここでは、先ほど挙げたカンジダ症とトリコモナス膣炎のもう少し詳しい情報を解説します。検査する項目を選ぶ際の参考にしてください。

トリコモナス膣炎とは
トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という微生物が膣内に入り込んで炎症を引き起こす病気です。
主な症状の特徴としては、

  • 陰部からスルメなどの生臭いにおいがする
  • オリモノが増える
  • オリモノが黄色や黄緑で泡立っている
  • 陰部が痒くなる
  • 性器が赤っぽくなる

といったことが起こります。


カンジダ症とは
カンジダ症は、真菌(カビの一種)が原因となる病気です。

主な症状は

  • オリモノの量が多くなり、粒々がオリモノに混じる
  • オリモノが酒粕やカッテージチーズのようになる
  • 激しいかゆみや痛みを伴う

と言ったことが起こります。

ただし、病気については素人判断は危険ですので、あくまでも検査結果に基づいて、必要であれば医者にかかるようにしてください。

⇒自宅で検査できるキットはコチラ