陰部の臭いの原因を調べましょう


陰部が臭い!!
病院に行くのは恥ずかしいし、市販薬で何とかならないかなぁ?
市販薬で治療できるかどうかは、その臭いの原因によります。まずは、臭いの原因を調べましょう。

陰部の臭いがひどい場合、まずは、子宮頸がんと性病を疑います

子宮頸がんは、早期発見すれば容易に治療できますが、遅くなればなるほど治療が困難になるがんです。性病の種類は様々ですが、日本で罹る可能性が高い性病の種類は限られています。

治療のことを考えれば、病院で検査してもらうのが一番なのですが、病気かどうかも分からないのに検査を受けるなんて、恥ずかしくて嫌ですよね。

そんな方におすすめしたいのは、自宅でカンタンに、しかも、かなり正確に検査できる検査キットです。
このキットを使えば、絶対に誰にもバレることなく、自宅に居ながらにして必要な検査を受けることができます。

⇒検査キットの詳細はコチラ

検査結果が出てから、市販薬で治せるかどうかですが、もし、クラミジア、淋病、トリコモナス、梅毒、HIV、B型肝炎、C型肝炎、HPVが陽性だった場合は、病院にて治療を受けてください。その際、検査結果を持参すると不要な検査をせずに済む場合がありますので、おすすめです。

カンジダ症が陽性なのであれば、フェミニーナ軟膏の膣カンジダ錠が使えます。ただし、この薬は、再発した人用ということになっているので、やはり、カンジダ症が陽性だった場合も基本的には病院で見てもらうのが良いようです。

病気が陰性だった場合

幸いにして病気が陰性で、それなのに陰部が臭いという場合があります。

その際は市販薬ではありませんが、ジャムウのデリケートゾーンケア商品を使うのがおススメです。


LCラブコスメティックのサイトに行くと、様々なタイプのジャムウ商品が取り揃えられていますが、陰部全体をジャムウ・ハーバルソープでケア、陰部の内側をジャムウ・デリケートパックでケアすると臭いが随分と抑えられるようです。

LCラブコスメティックのジャムウ石鹸に関する詳しい情報は当サイトのジャムウ石鹸の効果のページに詳しく解説していますのでそちらを参照してください。

⇒ジャムウ石鹸の効果を読む