ジャムウでケアするのがおススメ


陰部の臭いが気になるからって、入浴の度にゴシゴシ洗ったり、トイレに入るたびにウェットティッシュで拭ったりしていませんか?

そんなことを続けていたら、余計に臭いがひどくなるかもしれません。

通常、陰部の内側には、善玉菌が常在していて、雑菌や細菌類の侵入や繁殖をおさえています。

ところが、強いアルカリ性の石鹸などで洗うと、それらの善玉菌も洗い流されてしまい、無防備な状態になってしまいます。一度、善玉菌が洗い流されてしまうと、通常の状態に戻るまでに約1日程度かかると言われています。

その間に、雑菌や細菌類が侵入してしまえば、いとも簡単に繁殖します。

もともと、陰部は雑菌が繁殖しやすい環境です。常に衣服に囲まれて高温多湿で、しかも、多くのタンパク質などの栄養分を含んだオリモノや月経血があります。

繁殖してしまった雑菌は、それらのエサを食べ、分解し、その過程で、嫌な臭いを発するのです。

一度そうなってしまうと、膣が持っている自浄作用だけではなかなか元のようには戻せません。


陰部の臭いが気になるなら、ジャムウ・デリケートパックを使ったケアがおススメです。

ジャムウは、インドネシアの女性の間で昔から代々受け継がれてきたハーブの組み合わせです。ジャムウには様々な種類がありますが、どれも、身体が持つ本来の能力を引き出すように作られています。

このジャムウを配合した陰部専用のパックがジャムウ・デリケートパックなのです。

ジャムウ・デリケートパックの使い方

ジャムウ・デリケートパックの使い方は簡単。
シャワーの際に、乾いた指先にジャムウ・デリケートパックを取り、陰部の内側に指の第一関節程度まで入れ、入口全体に万遍なく塗りこみます。その後、3分間待った後、シャワーで軽く洗い流しすだけです。

ジャムウがあなたの身体の本来の力を引き出し、陰部を健康にしてくれます。

ジャムウ・デリケートパックは、LCラブコスメティックで販売しています。陰部周辺の黒ずみや体全体の臭いケアに効果のあるジャムウ・ハーバルソープとセットになったものを購入するとお得です。

詳しくは、LCの公式サイトにてご確認ください。