デリケートゾーンのにおいを消す方法

気になるデリケートゾーンのにおい、なるべくなら病院に行かずに治したいですよね。どうしても病院で治療する必要があるものもありますが、それは、最後の選択肢として、いろいろと試してみてからにしましょう。

デリケートゾーンのにおいが臭くなる原因の一つに雑菌の繁殖があります。


通常は、雑菌が繁殖しにくいように、雑菌からデリケートゾーンを守る乳酸菌の一種が常在しているのですが、何らかの原因でそれらの乳酸菌が減少してしまうことがあります。

そこに雑菌などが繁殖し、オリモノなどに含まれるたんぱく質などをエサとして生命活動をすると、嫌なにおいが発生します。

この乳酸菌を再び増やし、雑菌類を減らすためにはどうすれば良いでしょうか?

それには、市販のプレーンヨーグルトを使います


入浴時に適切にデリケートゾーンを洗ってからプレーンヨーグルトを小さじ一杯ぶん外陰唇に塗ります。すると、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がデリケートゾーンを守る常在菌の代用として働いてくれ、雑菌の力を弱めてくれます。

また、入浴時には適切にデリケートゾーンを洗うことも大切です。

多くの女性は母親から正しいデリケートゾーンの洗い方を教わっていない為、自己流で洗ってしまっています。

特に最近は、「とにかく清潔にしなくては」と、ゴシゴシと一生懸命洗っている人がいるようですが、それは絶対にやめてください。

市販の石鹸やボディーソープは洗浄力が強すぎる為、デリケートゾーンの常在菌まで洗い流してしまうからです。

デリケートゾーンには雑菌や汚れなどだけを洗い流してくれるデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。

これは市販のものよりも、より女性のことを考えたネット通販の専用石鹸がおススメです。詳しくは、当サイトのジャムウハーバルソープとはというページをお読みください。

⇒ジャムウハーバルソープとは

以上をしばらく続けてみて、効果が見られなければ、においの原因は病気によるものである可能性があります。

まずはどんな病気かを検査してみましょう。

最近は、技術発達により、わざわざ病院に行くことなく、自宅に居ながらにして誰にも知られず検査ができますので、安心してください。

以下の検査キットで病気の種類を調べましょう。

⇒検査キットの詳細を読む

さて、何か病気は見つかったでしょうか?

以上の検査キットで陽性だった場合、やはり、その病気がデリケートゾーンのにおいの原因だと考えられます。

お近くの病院にて治療してもらいましょう。その際は、必ず検査結果をもって行くようにしましょう。無駄に恥ずかしい検査をせずに済む場合があります。