あそこの臭いの原因は雑菌です

あそこの臭いの原因でまず疑うべきは雑菌の繁殖です。

普通、あそこにはデーデルライン桿菌という乳酸菌の一種の善玉菌が存在しています。このデーデルライン桿菌が膣内で乳酸菌を生成しているおかげで膣内は酸性に保たれ、雑菌や細菌の感染、繁殖を防いでいます。

このデーデルライン桿菌が何らかの原因で少なくなったり、なくなった隙に膣内で細菌類が繁殖し、あそこから悪臭が漂うようになってしまいます。



そもそも、あそこは常に衣服で覆われていて、しかも、アンダーヘアがあることで、高温多湿で、雑菌が繁殖しやすい環境です。

あそこが高温多湿であることで汗をかきやすく、また、おりものや生理、汗に含まれるたんぱく質などが雑菌のエサになるので、雑菌にとってはパラダイスのような環境です。

つまり、あそこの臭いをなくすには、デーデルライン桿菌が十分に生きられ、しかも、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることが大切です。

あそこの臭いの原因をなくす

「じゃあ、あそこをしっかり洗おう!」というのは大間違いです。


あそこを洗いすぎはいけません。

デリケートゾーン専用ではない石鹸などを使ってあそこを良く洗ったり、あそこの内側まで洗ったりしたら最悪です。

せっかく膣内の環境を保ってくれているデーデルライン桿菌が死滅してしまい、雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

あそこの中のデーデルライン桿菌を正常に保ちながら清潔にするには、ジャムウを配合した弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸を使ったケアをします。

弱酸性のデリケートゾーン専用石鹸をつかったあそこの洗い方は、「ジャムウソープの使い方」というページで詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

⇒ジャムウソープの使い方

ジャムウソープに関する詳しい情報は、ジャムウソープの公式サイトでお確かめください。

⇒ジャムウソープの公式サイト