洗いすぎは禁物です


アソコが臭いからって、洗浄力の高い石鹸でゴシゴシ洗ったりしていませんか?

余計に臭いがきつくなりますよ

アソコの中は常にpH4程度の弱酸性になっています。

そうすることによって、乳酸菌の一種である善玉菌が活発に働いてくれ、病気の元になるものや雑菌の侵入を防いだり、侵入してきたものの繁殖を防いだりしてくれるのです。

ところが、臭いが気になるから、とアソコを洗浄力の強いボディーソープなどを使ってしっかりと洗うと、それらの善玉菌も洗い流してしまうことになり、無菌状態となります。

無菌状態と聞くと清潔なように聞こえますが、実際にはそうではなく、良い働きをしてくれる菌でも、悪さをする菌でも取り付きやすい状態になってしまうという非常に危険な状態なのです。
※詳しくは、もやしもんという漫画を読むと詳しく学べます


では、どうすれば良いかというと、一番良いのは、デリケートゾーン専用のソープを使うことです。

デリケートゾーン専用の石鹸は、アソコの臭いの元になる恥垢やたんぱく質による汚れはしっかりと洗い流し、アソコを守ってくれる善玉菌は洗い流してしまわないように作られています。

この石鹸をしっかりと泡立てて、指の腹の柔らかいところを使って、丁寧に洗います。
特にアソコはひだが多く、シャワーのお湯を流しかけたり、石鹸の泡を乗せたくらいでは簡単には落ちません。陰核の皮で覆われているところや、大陰唇、小陰唇の間の溝などは汚れがたまりやすいので、しっかりと洗いましょう。これらの汚れが雑菌の餌になるので、これを取り除くだけでもかなりの臭いケアになります


ちなみに、アソコの内側は洗いません。
アソコの内側は、善玉菌によってしっかりと守られています。洗うと、かえって自浄作用が低下することになり、病気のもとになってしまいます。
もし、アソコの内側をケアしたいということであれば、ジャムウ・ハーバルソープの姉妹品、ジャムウ・デリケートパックを使ってケアするようにしましょう。
シャワーの際に、指の関節部分くらいまでジャムウ・デリケートパックを塗り、しばらく置いてから軽く洗い流すだけで、オリモノの量が減ったり、臭いが改善したりします。

ジャムウ・デリケートパックに関する詳しい情報は、ジャムウ・ハーバルソープの公式サイトから読むことができます。

⇒ジャムウソープの公式サイトへ